学生相談所

Q:学生相談所ってどんなところ?
A:主に心理的問題について、個々人の状況を的確に把握し、これからどうしたらよいかを専門のカウンセラーとともに考えていく場所です。また、家族や友人など、周りの人が心理的問題を抱えているときや、本学学生のことで周りの方が心配している場合にも、相談に応じています。
Q:どんな人が利用できますか?
A:東京大学に在籍する学生(学部生、大学院生、研究生)が対象です。本学学生のことについての相談であれば、関係者(家族、教職員、友人など)の方も利用できます。
Q:どんなことが相談できるの?
A:進路や学業の問題、人間関係の問題、ご自身の性格について、心身の健康について、などがよくある相談ですが、「この問題は相談できない」というものはありません。お気軽にご利用ください。よくある相談例のページもご参照ください。
Q:自分の相談ではなくて、友達について相談したいのですが・・・
A:もちろん相談いただけます。秘密も守られますのでご安心ください。
Q:1回の時間はどれくらいですか?
A:1回あたり50分です。
Q:料金はかかりますか?
A:いいえ、利用料金は無料です。
Q:予約は必要ですか?
A:直接来所していただいても構いませんが、すぐに時間の取れるカウンセラーがいない場合も多いので、ウェブか電話で予約していただいたほうが確実です。また、初回は受付カードなどに記入していただくため、可能ならば予約時間より10分ほど早くお越しください。
Q:電話やメールでも相談できますか?
A:学生相談所では、電話やメールによる相談は行っていません。直接来所して、ご相談内容をお話しください。
Q:相談の秘密は守られますか?
A:学生相談所へ来談したということも含め、利用者本人の同意なく相談内容を学生相談所以外の人物に話すことはありません。ただし、利用者に自殺の恐れがあるなど緊急の場合、できる限りご本人の同意を事前に得るよう努めますが、家族や関係機関への連絡が先行することもありえます。また、利用者の同意が得られれば、支援効果を高める目的で、関係機関と情報共有を行う場合もあります。個人情報の取り扱いで心配なことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
Q:相談員はどんな人ですか?
A:心理学を専門とするカウンセラーです。性別や年齢層は様々なので、担当カウンセラーについてご希望がある場合は、初回申込時にお電話で受付にお伝えください。
Q:毎回同じ人に話を聞いてもらえますか?
A:はい、同じカウンセラーが対応します。
Q:何回くらい通えばいいの?
A:ご相談の内容によって、一度で終わる場合も、継続してきていただくことになる場合もあります。初回の時に現在のご事情を詳しくうかがいますので、担当カウンセラーとご相談ください。
Q:薬は出してもらえますか?
A:いいえ、学生相談所では薬物による治療は行っていません。服薬が有効だと思われる場合は、医療機関をご紹介することもあります。
Q:外部の医療機関にかかっていますが、学生相談所でも相談できますか?
A:相談していただくことは可能です。できれば主治医の承諾を得てからご予約ください。