|業績|川崎 隆(学生相談所 助教)

専門分野

臨床心理学

 

研究テーマ

質的研究、学生相談

 

学位等

教育学修士(東京大学)

 

論文等

論文
  • 川崎隆 2012 保健所デイケアにおけるメンバー同士の日常的やりとりの構造と意義――日常での活動から臨床知見を抽出する実践研究の試みとして―― 臨床心理学,12,2,221-233.
  • 川崎隆・能登眸・砂川芽吹・矢野怜奈・下山晴彦 2012 多職種協働における臨床心理職の役割Ⅰ――協働に関する論文レビューから―― 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要,36,51-58.
  • 川崎隆・末木新・松田なつみ・野中舞子・高山由貴・梅垣佑介・下山晴彦 2013 曝露反応妨害法への取り組みの変容――児童思春期強迫性障害を対象に―― 心理臨床学研究,31,2,199-210.
  • 川崎隆 2014 「会話」の視点から心理面接を分析する方法の概観 東京大学学生相談所紀要,22,29-36.
  • 高岡昂太・藤岡勲・末木新・川崎舞子・川崎隆・津田容子・下山晴彦 2010 社会と臨床心理学―研究会活動から見えるその諸相―― 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要,33,88-94.
  • 吉田沙蘭・川崎隆 2011 児童思春期の強迫性障害の認知行動療法プログラムの研究4―認知的介入が有効な事例の特徴と方法―― 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要,34,53-60.
  • 平野真理・川崎隆・高柳めぐみ・羽澄恵・樫原潤・野津弓起子 2012 病院集団療法に心理士が参入する際の困難と工夫――デイケア実習での体験から―― 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要,35,104-114.
  • 羽澄恵・高柳めぐみ・高木郁彦・樫原潤・川崎隆・下山晴彦 2012 多職種協働における臨床心理職の役割Ⅱ――近接領域からみた協働の位置づけ―― 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要,36,59-66.
  • 高野明・江上奈美子・田中崇恵・川崎隆・古川真由美 2014 大学院学生を対象とした心理教育の意義に関する質的研究 東京大学学生相談所紀要,22,1-8.

 

分担執筆
  • 川崎隆 2010 文献抄録 臨床心理学の新しいかたち 下山晴彦(編)臨床心理学ブックガイド―心理職をめざす人のための93冊― 金剛出版 pp. 32-33.
  • 川崎隆 2010 文献抄録 臨床心理アセスメント入門 下山晴彦(編)臨床心理学ブックガイド―心理職をめざす人のための93冊― 金剛出版 pp. 58-59.
  • 川崎隆 2012 文献抄録 認知行動療法トレーニングブック――統合失調症・双極性障害・難治性うつ病編―― 下山晴彦・林潤一郎(編)迷わず選ぶ認知行動療法ガイドブック 岩崎学術出版 pp. 76-77.
  • 川崎隆 2012 文献抄録 統合失調症の認知行動療法 下山晴彦・林潤一郎(編)迷わず選ぶ認知行動療法ガイドブック 岩崎学術出版 pp. 166-167.
  • 川崎隆 2012 海外文献抄録 Group person-based cognitive therapy for distressing voices: Pilot data from nine groups 精神療法, 39, 1, 163.

 

その他

学会発表
  • 川崎隆 2012 デイケアにおけるメンバーのコミュニケーションの変容過程の検討 日本デイケア学会第17回大会プログラム・抄録集,26.
  • 川崎隆 2013 混沌とした語りの性質と自己の再構築との関連――統合失調症を患う40代女性のライフストーリーを通して―― 日本質的心理学会第10回大会プログラム・妙録集,92.
  • 川崎隆・北村篤司 2012 インタビューにおける研究者の視点の反映:ダブルインタビューによる検討 日本質的心理学会第9回大会プログラム・妙録集,71.
  • 川崎隆・平野真理・樫原潤 2012 病院集団療法に心理実習生が参入する際の困難と工夫――協働おける“関わり”をどう学べるか―― 日本心理学会第76回大会プログラム・妙録集,76.
  • 川崎隆・北村篤司 2013 「語りの流れとパターンに着目した分析」の実践――統合失調症を患うAさんとのインタビューデータを用いて―― 日本心理臨床学会第32回秋季大会プログラム・抄録集,48.
  • 川崎隆・北村篤司 2014 心理面接の共同生成プロセス――語りの流れとコミュニケーション・パターンから分析するクライエント・セラピスト間の相互作用―― 日本心理臨床学会第33回秋季大会プログラム・抄録集,36.
  • 北村篤司・川崎隆 2013 インタビューデータ分析の再考――語りの流れとパターンに着目する分析法―― 日本心理臨床学会第32回秋季大会プログラム・抄録集,48.
  • 能登眸・川崎隆 2013 重度強迫性障害を患う女子中学生への認知行動療法――自宅訪問をはじめとする能動的援助を通して―― 日本心理臨床学会第32回秋季大会プログラム・抄録集,57.
  • 羽澄恵・高柳めぐみ・川崎隆・能登眸・樫原潤 2013 多職種協働における臨床心理職の役割とは――チーム医療のために臨床心理職が学ぶべき技能と視点をさぐる―― 日本心理臨床学会第32回秋季大会プログラム・抄録集,53.
  • 高木郁彦・川崎隆・樫原潤 2013 臨床心理職における多職種協働の発展に向けた課題の検討(1)――自由記述の分析からみる臨床心理職の協働困難因―― 日本心理学会第77回大会プログラム・妙録集,94.
  • 江上奈美子・川崎隆・古川真由美・田中崇恵・慶野遥香・藤岡勲・高野明 2015 学生相談領域における効果測定の導入への意識に関する探索的検討 日本学生相談学会第33回大会.
  • 古川真由美・田中崇恵・川崎隆・江上奈美子・高野明 2015 コミュニケーション・スキルの向上を目指したグループ活動の取り組み 日本学生相談学会第33回大会.

 

受賞歴

川崎隆・北村篤司 2012 日本質的心理学会第9回大会ポスター賞(インタビューにおける研究者の視点の反映:ダブルインタビューによる検討)