相談支援部門

総合案内を有機的に活用し、個別のニーズに応じた柔軟な相談対応を行い、「学生成長支援学」を実践します。相談事例の特徴、その深刻度、様々な発達課題や背景要因等を見立て、最も高い効果が期待される支援を計画します。必要に応じて、心理士・精神科医・相談担当職員の多職種による支援チームを編成します。これらの支援活動を通じて、カウンセリング、メンタルヘルス、キャリア支援、留学生支援、各分野が連携し、それぞれの機能強化を図ります。