ストレス・マネジメント論2019


講義タイトル:「ストレス・マネジメント論」
曜日時間:水曜日5限(16:50〜18:35)
教室:FSホール(環境棟)


2010年度から、大学院学生対象の予防的心理教育の授業「ストレス・マネジメント論」を、新領域創成科学研究科の大学院共通科目として、開講している。

2019年度は145名の学生が受講し、大学院の学生生活で出会う様々な心理的危機の予防に関する具体的な知識とスキルを習得した。この講義では、学内相談施設のカウンセラーや医師等の講義を聴き、どんな人が相談を受けているのかを学生が直接知ることができる機会となる。そのため、相談施設に対する抵抗感を和らげることにも一定の役割を果たしていると考えられる。

2015年度からは、ピアサポーターになるための予備研修(ピアサポーターとして活動するための基礎的な知識とスキルを身につけるための研修)としても位置づけられている。

講義日程
第1回 大学院生の学生生活サイクル<高野>
第2回 健康な生活習慣(睡眠、運動、ドラッグ、アルコール)<佐々木>
第3回 研究とやる気の波 その1<新領域教員,伊藤,渡邉>
第4回 コミュニケーションスキル1 ~ ソーシャルスキル<川瀬,渡邉>
第5回 不安とつきあう<伊藤>
第6回 研究とやる気の波 その2<新領域教員,大島,藤原>
第7回 精神疾患の基礎知識<西村>
第8回 コミュニケーションスキル2 ~ アサーションスキル<藤原>
第9回 異文化での適応<大西>
第10回 支え合いのスキル,ピアサポートとは<高野・横山>
第11回 大学院後のキャリアを考える<榎本>