ストレスマネジメント論2010
‐学生生活から社会生活へ‐

学生相談ネットワーク本部では、2008年度から駒場1・2年生対象の講義「全学自由研究ゼミナール」の中で、予防的心理教育の授業を行っているが、大学院生対象の講義としては、新領域創成科学研究科の大学院共通科目として、今年度初めて開講した。
大学院における予防的心理教育の授業の実践は、全国的にも類を見ないが、多くの学生が関心を持って受講し、不安の軽減や、危機の予防に効果的であるとの反応を得られた。今後も東京大学の大学院生の心理的諸課題に対応できるように、講義内容のブラッシュアップが求められよう。

 
講義日程

第 1回  4/ 7  大学院生の学生生活サイクル 担当:高野
第 2回  4/14  「五月病」と引きこもり,相談窓口バーチャルツアー 担当:渡邊
第 3回  4/28  研究とやる気の波 その1
担当:大和研究科長,岡本研究教育改善室長,武井,亀口
第 4回  5/12  研究とやる気の波 その2
担当:伊藤副研究科長,上田副研究科長,高野,飯田
第 5回  5/19  ドラッグとアルコール,睡眠 担当:佐々木
第 6回  6/ 2  コミュニケーションスキル1 ~ リスニングスキル 担当:倉光
第 7回  6/ 9  コミュニケーションスキル2 ~ アサーションスキル 担当:吉村
第 8回  6/16  生活リズムと運動の習慣 担当:東郷,佐々木
第 9回  6/30  不安とのつきあい方 担当:今泉,林
第10回  7/ 7  精神科を利用すべき時 担当:大島
第11回  7/14  家族との関わり 担当:亀口
第12回  7/21  ハラスメントへの対処 担当:倉光,長嶋