学生相談所

皆さん、はじめまして。4月から学生相談所に着任しましたカウンセラーの榎本です。

ごあいさつ代わりに少し自己紹介を。私は他の職業を経てから臨床心理の道を選び直し今に至ります。これまで大学生・大学院生のカウンセリング以外に、精神科クリニックや企業、民間カウンセリングセンターでの相談業務にも携わってきました。ちなみに前職は本学の理学系研究科・理学部学生支援室という相談施設です。

音楽、読書、お酒が三大好きなことです。音楽は生音でも音源でも聴くのが大好きなのですが、最近はレコード集めに凝り始めました。本は、好きで買い集めた積読本を少しずつ崩していくのが楽しみです。空き時間に読もうといつも数冊持ち歩くのでバッグが常に重いのが悩みです。お酒は何でも飲むのですがここのところのテーマは量より質を…。

ところで、私は勤務先こそ変わったものの、毎日足を運ぶキャンパスは同じ、お会いする方々も同じく東京大学の学生さんという微調整程度の変化です。にもかかわらず、この1ヶ月間は学生相談所に馴れるため(ひそかに)脳内てんやわんや。期待や楽しさもある一方、新しい場や変化に適応するって大仕事だなあと久しぶりに実感しています。

この春、東京大学に入学なさった皆さん、専門課程に進学した皆さん、研究室を移った皆さん、新しい環境や生活にいくらかは馴染んできましたか。もしかすると気づかないうちに不安や緊張、驚きや困惑などを抱えていたりするかもしれません。私と同じように「馴れるのって大変だ~」と思っている方がいたら、学生相談所にいらしてみてください。新しい場所や生活の中で皆さんが力を発揮していけるようお手伝いします。